河本の声 PCページ 88x31 河本教室

■河本教室の指導法、新大学入試制度に反映
ニュース日経新聞

新テスト導入、段階的に
大学入試改革で中間まとめ案
 文部科学省の高大接続システム改革会議(座長・安西祐一郎日本学術振興会理事長)は27日、大学入試改革を高校の次期学習指導要領と連動させるとの中間まとめ案を了承した。大学入試センター試験に代わり、2020年度に開始予定の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」など2つの新テストは高校の学習内容の変化を踏まえ、24年度から対象科目や出題形式を変更する。

 学習成果を測る目的で19年度に始まる「高校基礎学力テスト(同)」は次期指導要領が導入される22年度までを試行期間と位置づけ、大学入試や就職活動に活用するのは23年度以降とした。同会議は引き続き、2つの新テストの出題形式や採点方法などを検討する。テストを実施する月などは16年度中をメドに決めるとしている。

 中間まとめ案によると、学力評価テストは高校3年生を対象として、年複数回実施。開始当初は選択式と短文の記述式で出題する。

 次期指導要領で学ぶ生徒が3年生になる24年度以降は文字数の多い記述式も出題するほか、コンピューターを使って解答するCBT方式を採用する。また、数学と理科を合わせた「数理探究(仮称)」が高校の新科目になることに対応し、知識だけでなく思考力の評価をより重視する。

 案では、数理探究のような「合教科型」の問題のモデルを示すことも検討されたが、「問題が独り歩きしかねない」(同会議の委員)として、見送られた。

 基礎学力テストは高校2、3年生が年2回受験でき、学力中下層を対象とする。受験者の成績は10段階以上の評価で通知し、順位は示さない。19~22年度の出題科目は国語、数学、英語に限り、その後に地理歴史や公民、理科を追加する。大学入試や就活への活用は23年度以降で、19~22年度は「学習の改善に使う」としている。
【2015年08月28日 01時00分】

日本経済新聞 電子版について
 サイトポリシー
 個人情報
 著作権
 リンクポリシー
 Web広告ガイド
 利用規約
 ヘルプセンター
 よくある質問・お問い合わせ

イメージ

新大学入試改革中間まとめ
<2015.9>
◆難関大学と大衆型大学
 「難関大学向け学力評価テスト」と「大衆型大学向け高校基礎学力テスト」の二本立てになります。
 「学力評価テスト」は、高校の学力上位層が対象で1次試験として受けるもので、今の中1が受験年齢になる、2020年からの実施です。 答えが一つに決められる問題だけでなく、考え方のプロセスを評価したり、短い記述式 の問題を出したりします。また、英語は、これまでの「読む」「聞く」力に加えて「書く」「話す」力も評価します。成績は一点刻みではなく、得点 レベルごとに示す方式となります。
 「基礎学力テスト」は、平均以下の学力層の生徒が対象で、2019年から試験的に始まります。中学内容を含む高1レベルの国語・数学・英語の3教科の出題となります。英語は、英検やTOEICも活用します。
 そして、2024年には、両テストとも、今の学習指導要領が改訂されるのに合わせて、コンピューター上で出題回答方式に切り替え、「基礎学力テスト」の成績を推薦型の入試にも使うようになります。
◆生徒間の学力格差・大学の学力格差も露わに
 テストが二本立てになるため、生徒間の学力格差はもちろんのこと大学の学力格差も露わになります。現在も実質教育の二極分化は顕在化しつつありますが、 新制度により、公に二分化してしまいます。
 グローバル化によって、キャリア⇔ノンキャリア、幹部候補生⇔一般社員の振り分けが、早まったのでしょう。
 ドイツでは、10歳で将来の進路が大きく変わり、シンガポールでは、小学校から振り分けが始まり、小学校の卒業試験成績で将来の進路が大きく変わります。
◆文科省が偏狭な平等主義を捨てたわけ
 偏差値が高い京大東大等のブランド型難関大学は、受験勉強で力を使い果たし、勉学意欲に乏しい学生の存在が現在の問題です。
 一方、私立大学に限定すると推薦や自己推薦型のAO入試など学力テストを経ずに大学に入学する学生が過半数になり、大学の授業についていけるだけの学力のない学生の存在が現在の問題です。
 さらに、実業界産業界から「今の学生は使い物にならない」「入社3年以内の離職率が30%(*注①)を超えた今、自社で人材育成する余裕もないから大学で育てるべき」という強い要請が湧き上がってきました。
 そこで、専門家会議では、高校大学での教育を、身につけた知識や技能をフル活用して答えのない問題を解決するための思考力、判断力、表現力をつけさせることを主眼としたものに変えようというとこになり、新制度に行き着いたのです。
注①:32.4% 厚生労働省「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/dl/24-01.pdf。
◆時代が河本教室に追いついた
 センター試験の影響から、考え方のプロセスや記述は評価されず、決められた答えを解くだけの作業が勉強だとされることが多くなり、京都で長年京大東大に最多の合格者を出す高校の入試問題すら記述式ではありません。塾専用数学教材のほぼすべてが、解答欄として問題の隙間に答えだけを書き込む仕様になっています。
 そんな時勢の中、河本教室八幡校では、開設以来、解答のプロセスを重視し、ノートに記述式の解答を書くように指導しています。さらに、「なぜ」の問いかけを頻繁に行うことで、「考える」作業を促しています。
 そのため、「効率が悪い」と支持しない親も多く、生徒も説明のプロセスを無視して答えだけを知りたがる傾向が強まり、生徒数がピーク時の3分の1以下になってしまいました。
 やっと時代が我々に追いついてきました。河本教室八幡校は、小学校から「難関大学向け学力評価テスト」対応塾としての指導です。
 一方、河本教室南淀校は、「高校基礎学力テスト」対応塾です。


駸々堂