PCページ 88x31 河本教室

 
小学部   中等部   高等部   個別指導部
受験コース 非受験コース
 









 









4歳 gaudia  g  4歳  gaudia   g 
5歳 gaudia  g  5歳  gaudia   g 
小1 gaudia  g   g  小1  gaudia   g   g 
小2 gaudia  g   g  小2 gaudia  g   g 
小3 gaudia  g   g  小3 gaudia  g   g 
小4 週3/4 小4 gaudia  g   g 
小5 週5 小5 gaudia  g   g 
小6 週5+日特 小6 gaudia  g   g 
ECCジュニア英語 八幡校 4歳~小6
gaudiaコース
学習習慣をつけること、「考える習慣」をはぐくむこと、中学受験にもつながる「学力」をはぐくむことが目標です。 ちまたにあふれる小学生教室では、教材が代数分野に偏っていたり、パターン「学習」という「作業」が行われていたり、中学受験や高校受験の現状を知らない指導者がいたり、残念な事例に事欠きません。 そこで、河合塾グループと日能研関東が、時間をかけて開発をしたgaudiaを採用しています。
◇カリキュラム
完全無学年制です。4歳からですが、未就学児については保護者の方の見守りをお願いする場合もあります。
◇授業曜日
2018年度は、八幡市駅前教室(八幡校)が水土、南淀教室(南淀校)が火金、淀駅前出張教室(淀会館)が月木。その他応相談。
◇詳しい内容や・入塾について
新年度は3月です。詳細は、gaudiaのホームページを参照してください。
 
受験コース
中学入試の盛んな土地柄もあって、多くの実績を積んできました。特に地元小学校の授業内容と中学入試の内容との差が激しい地域です。入塾時から受験までに駸々堂レベルの偏差値で20ポイントほど上昇させねばならない地域での経験と実績です。 大手塾に行って入塾テスト不合格と言われてきた生徒を集めて、志望校に合格させてきました。「大手塾に入塾できた同級生が同じ志望校に不合格する」という実例が、度重なり、地元密着型の個人塾で中学入試対応だと認められるようになりました。 このような地域柄ですので、とんでもない低いレベルからのスタートとなります。初めのうちは、特に算数の文章題は大手塾の1年遅れぐらいになっています。生徒の理解度を追求するとスタートラインは低く設定せざるを得ないのです。それでも、うわべの競争心を煽るのではなく理解優先にしているため入試の時期には大手塾に追いつき追い越すわけです。 ただ、知識の土台となるのは暗記ですので、暗記にも力を入れ、競争心を煽ることも当然行います。
◇カリキュラム
大手塾と異なり、そんなものは存在しません。講師の腕一本です。塾内実施の業者模試や会場受験の模試の範囲表を一応参考にはしますが、それに縛られてはいません。
職人仕事では、材料ごとに、特性に合わせて、どこを活かすのか、どこを削るのか決めていきます。気温や湿度によって、塩分や水分を変えていきます。 手に入った材料に適した方法を取ることによって、手順も作業も毎回大きく異なります。 一方、大量生産ラインでは、仕様マニュアルに沿って、同じ作業が毎回繰り返されていきます。
河本教室では、完全に職人の世界です。京都に息づく、良質のものを丹誠込めて少量ずつ生み出す職人仕事を踏襲しています。学校や大手塾のように、指導マニュアルは存在しません。
◇授業時間
塾での授業時間は、およそ17:00~18:20で、単純暗記の小テストに合格すればさほど長くありません。 しかし、不合格者は、直し終わるまで帰れません。家庭での事前の暗記テストの勉強を怠ると、21:00を過ぎるケースも結構あります。
授業で「わかったような気」にさせることはできます。しかし、「完全にわかる」ようになるには、家庭での学習が不可欠です。 いわゆる「だめ押しの復習」は家庭で行うしかありません。家庭での学習は、暗記テストの暗記練習だけでお腹いっぱいという生徒は、そのレベルでおしまいです。 家庭での「だめ押しの復習」の積み重ねこそが学力アップの原動力となります。
◇入塾について
新年度は、2月です。特に入塾資格は設けていませんので、どなたでもやる気があればお引き受けします。入塾テストもありません。 ただし、小6の5月以降の入塾については、現有生徒との実力差が小さい場合だけ受け入れます。
◇クラスの人数
小6で2017=6名・2016=3名・2015=5名・2014=5名・2013=11名・2012=7名・2011=6名。小5で5名・6名・3名・5名・4名・6名・4名。小4で1名・1名・1名・2名・2名・4名・4名。 いずれも、3~11名程度の少数精鋭クラスです。
◇保護者面談
小5・6は、塾内実施の月例テストとは別に会場模試を受験しますので、会場模試の結果返却ごとに保護者面談を実施しています。小5は6・7・10・12月、小6は3・5・6・7・9・10・11・12月。 小4以下は適宜実施。
毎年、秋に志望者の見込まれる中学校の募集担当の先生を塾にお招きして、説明や保護者相談をしていただいています。(洛南・洛星・大阪星光・京教大附属桃山・同志社・同志社香里・同志社女子・立命館・立命館宇治・大阪桐蔭・高槻・開明・京都女子・京産大附属・東山・平安女学院・聖母など)
◇およその学費
小4の毎月は、3万。 小5の毎月は、4万。 小6の毎月は、5.5万。
 各学年半期ごとに講習費外部模試代教材費など必要。
 
ECCジュニア英語コース
幼児小学生の英語教育では、商売優先のいかがわしいものが多い中、他の追随を許さないECCジュニア
◇設置クラス
「PB:4・5歳」、「PF:小123年」、「PE:小456年」、「英検®対策」。
◇詳しい内容や・入塾について
新年度は4月です。詳細は、ECCジュニアのホームページを参照してください。
 

 
中等部   小学部   高等部   個別指導部
  八幡校 個別 南淀校
 
 






 


中1 週2 週3 週2
中2 週2 週3 週2
中3 週4 週3/4
八幡校
「国公立大や関関同立へ行きたい」という方が対象。
当地では、公立高校は全入に近い状況です。中学校の通知票も、実質3・4・5の三段階しかつかない中学校もあります。 家庭での成績管理は、普通定期テストと通知表で行いますが、オール5の生徒が全国規模の模試の平均点に達しないこともあるのが当地の実情です。 中学校の三者面談で、普通は学習面について注意を受けることはなく、勉強のきっかけさえ与えられません。親も子も本当の学力を知らぬまま高校受験をしているに等しい状況です。 受験情報も、中学校発の「卒業後の責任は持たない」という情報や、声の大きい一部保護者の発する古い情報や誤った情報に振り回されています。 全国模試での成績を上昇させることが目標ですので、教科書準拠教材などは使用しません。教科書の履修残しの多い地域ですので、中1のスタートから入塾するのが、最も生徒の負担が少ないコースです。
◇授業時間
18:50~21:30が基本。部活動と両立できる時間帯。
◇入塾について
いつでもどなたでもやる気があればお引き受けします。入塾テストもありません。途中入塾については、短期間で在塾生との進度調整が必要となりますので、土曜などに実施する補習(無料)に出席することが条件となります。
◇各クラス人数とコミュニケーション
3~10名程度です。年間2~3回保護者面談(場合によっては家庭訪問)を実施します。さらに希望があれば随時面談します。もちろん、生徒本人との面談は随時。
◇およその学費
中1・2の毎月は、英数2.5万(五科3万)。中3の毎月は、3.6万。 
各学年半期ごとに講習費外部模試代教材費など必要。
 
南淀校
「学校補習が目的」という方が対象。
河本教室創設の7年後の1997年に、南淀分室を開設以来、大淀中学校・久御山中学校の生徒を対象にした授業を行っています。 中1・2の間は英数のみの授業。中3から五科目の授業となります。目先の成績アップだけで完結してしまうのではなく、高校へ進んでからのしっかりとした土台となるような指導を行っています。
◇授業時間
19:00~21:50の内の所要時間。部活動と両立できる時間帯。
◇入塾について
どなたでもやる気があればいつでもお引き受けします。入塾テストもありません。
◇各クラス人数とコミュニケーション
3~9名程度です。年間2~3回保護者面談(場合によっては家庭訪問)を実施します。さらに希望があれば随時面談します。もちろん、生徒本人との面談は随時。
◇およその学費
毎月は、中1・2=1.8万、中3=2.4万。
各学年半期ごとに講習費代教材費、実施(年4回)ごとに模試代など必要。
 
 
高等部   小学部   中等部   個別指導部
  八幡校 個別
 



高1
高2
高3
志望校や学校ごとの授業進度の違いにより、同内容の授業進行を行える生徒が3名そろった場合に開講します。最終開講=2009。 それ以外はすべて個別指導部で対応します。
 
 
個別指導部   小学部   中等部   高等部
「個別指導」と謳いながら先生対生徒が1対3や1対2のケースが世間にはびこって常識化しています。 河本教室の個別指導は、1対1の先生独占の完全個別指導です。しかも先生固定制です。
◇授業時間
80分1コマで月に8コマが基本となります。
◇入塾について
どなたでもやる気があればいつでもお引き受けします。入塾テストもありません。
◇およその学費
毎月は、3.6万。小6受験・中3・高3は割増。通常授業との併習は割引。
 


駸々堂